読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奨学金返しながら働く嫁が貯金1000万を目指すブログ

30代になってやっと、お金について考える。東京。働く妻。転職。貯金。美容。結婚式での節約術。年下旦那様との2人暮らし生活のあれこれ。

【旦那様が大蔵省】サレンダード・ワイフ〜賢い女は男を立てる〜を読んで【夫婦円満の秘訣】

こんにちは〜4月に入りましたが、まだまだ気温も低くて寒いですね〜
日本は暖かい時期が少なく、気温差も激しいので、身体に負担が大きいですよね。身体への負担は精神への負担も引き起こしやすくなるそうです。
ですから、しっかり暖めてこの寒暖差を乗り越えましょう!!

結婚している方はぜひ読んでみてほしい!

今日は、1冊の本の話をしたいと思います。
サレンダード・ワイフ〜賢い女は男を立てる 
という本です。

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

夫婦生活を良好にする秘訣がたくさん載っている本であります。私はそういう事を調べるのが大好きなので、この本をみつけてすぐにゲットしちゃいました。

実際に受けた恩恵

たくさんの有益な情報にあふれるこの本ですが、今回はお金のことについてふれたいと思います(以前かるく触れたやつ)
今年に入って私が会社を辞めたこともあり、現在一時的に扶養に入っている事もあり、我が家の家計は全て旦那様が握っています。
正直、最高です。
日本は、妻が家計を管理して、旦那様はお小遣い制、というスタイルが多いと思います。るるさの両親もそうでした。
この間当時の父のお小遣いを聞いてしまいました。るるさが思うより多かったなあと思いました(笑)
簡単に言うと、家計は旦那様に任せましょう!
そうすることがどんなことに繋がっていくのかというと

家計のやりくりを任せられる事で、旦那様が家庭を守るという意識を強く持ち、お金の管理が上手になる

妻一人で家計を管理する大変さがなくなり、夫婦で家計を把握出来るようになる

妻が何にお金が必要か把握した上で必要なお金を使わせて貰えるようになる

どうですか?すばらしいですよね。これ本当にオススメなんです。
もともとお財布は別、貯蓄も別にしていた我が家でした。
大きな出費がある時も旦那様の貯金からお金を出して、わたしの貯金は奨学金返済のために常に手をつけずにためっぱなしでした。
私は最低限おうちにお金を入れて、少し貯金をして、奨学金の支払い等以外は好き勝手にお買い物や交際費、美容費などに消えていました。

現在は、るるさの収入が扶養範囲の金額なので、旦那様は貯金をせずに家計を支えてくれています。旦那様が自由に使えるお金はほぼないです。
にも関わらず、旦那様は私に自分の何倍もの自由に使えるお金を持たせてくれて、尚かつ旦那様貯蓄のほうから美容費もだしてくださいます。(アートメイクしちゃいました❤️これも記事にしますね☺️)
そして私はというと、貯蓄担当になったにも関わらず、アルバイトの収入だけでは手がまわらず、奨学金の支払い以外は貯金もせず自由に使っています。
別々にしていたときよりも、私にどれだけお金がかかるか理解してくれて、尚かつ甘々にプレゼントもくれているという状態です。

ただ、今本を読み返したところ、自分の収入も全て旦那様に預けろと書いてありました。うーーん、アルバイト代は自分で管理しているからこれは出来ていないんです。
ただ、いまのところ凄くいい変化しか起きていないので、こっちも実行に移そうと思います。

正直、手元に余分にお金がないと不安になりますが、無防備になること=旦那様を全面的に信じる事につながるので、より恋人同士の空気感でいられるそうです。❤️魅力的すぎますよね。
また、妻が管理していた頃より、旦那様が管理することで収入を増やす事により関心をも持つようになるのです。

この本に出会ってよかった。

ちょうど先日友人からの愚痴ラインがきました。
どうやら家計のことでご主人と喧嘩になったようなんです。

これだけ渡しているのに、なんで足りなくなるんだ?無駄使いしているんじゃないか?
とご主人。
友人は子育てに忙しい主婦で、とても無駄遣いするような暇も休みもありません。
怒った友人は朝から何時間も掛けて計算し直し、収支を出して、無駄遣いなどしていない!と把握させるための作業をしているとのこと。。。
そのめんどくさい毎月の計算から解放されて幸せです😓
紙に書いていてみせても、結局100パーセント納得できないのが、実際携わっていない方の気持ちですよね。
計算や管理の煩わしさから解放され、なおかつおねだりして、甘えられる方法をこの本で知ることができました。
かなり勇気も必要でしたが、やってよかったです。
より精度をあげていきたいと思います☺️


そうそう、相手のミスを責めない、口出ししないという項目が一番難しいです。
つい、こうしたほうが楽だよ!いいよ!なんでこうしたの?と言ってしまうので。
課題です😓
この本に出会えてよかったです❤️